置賜工房 DIY廃材利用WOOD WALK to "P"

2017.09.29 Friday

0
    WW001.jpg

    イベントカーとして全国をビーニー採寸会で駆け回る家として念願のキャンピングカーをゲットしました。これからこれを活用して一年を通してまた新しいことをやって行きたいと練っておりますのでどうぞお楽しみに。今まで以上に全国各地でお気軽にビーニーの採寸・試着を直接してもらえることは間違いないです。

    と、ちゃんと測って入るはずだったんですが背が高すぎて工房の軒が当たるので今までの工房真ん前の駐車スペースに入らなかったんです。そこで急遽、道端の水路脇の傾斜地に土を盛って駐車場を作りました。土地の広い田舎物件で本当に良かったわけです。

    気になるのは画像のように歩道のない道路に出て歩いていかないと行けない立地で、ここが旧国道なので道が細い割に飛ばす車がいたりで薄暗い時間などはかなり怖いわけです。子供は特に心配なので道路下の水の流れる窪地に木道を作ることにしました。昔から放置されている防雪、雪囲い用の木材が大量にありそれを選別しながら廃材利用をします。木材の片付けと木道の材料利用が同時にできます。
    イメージとしては上の画像の骨組みを廃材の中でもいいのを使ってそこに板や棒状の廃材を木道にして行きます。
    WW002.jpg
    もう土に還ろうとしている木材のギリギリ使えるところを切っては張りでスリリングな木道が完成しました。思ったより廃材がかなり廃材で苦労しましたがむしろいい味が出ました。

    WW003.jpg
    あとは駐車場に上がる斜面に階段を作ります。もう使える廃材はなくなったので渋々2x6材を3本購入しました。

    WW004.jpg
    LADE STORE那須店舗のDIY改装を散々やってきたので身についているものはかなりありますね。素人は金具を使う!これも身についた教訓です。余計なお金がかかるようでこれが近道。特に一人で作業する時は金具は便利だし仕上がりが丈夫になります。

    WW005.jpg
    現場合わせて、水平器を当てて細かいことはあまり気にせずサクッと階段完成。現場合わせなのでそりゃちゃんと合います。

    WW006.jpg
    そんなこんなで道路に出ずに駐車場に行き来できるWOOD WALK開通です。吊橋のようにユッサユッサ揺れるスリリングな木道ですが帰ってそれが子供達には受けています。

    WW007.jpg
    これから秋が過ぎ、ここ飯豊町は冬にはどっかと雪が降ります。この道路脇の木道が無事に春の雪解けを迎えてくれたならだんだん草木の手入れをしたり植えたりしながらもうちょっと楽しい木道にして行きたいと思ってます。

    キャンピングカーが来て色々とDIY病が発症し始めています。那須店舗のDIYに加えて置賜工房のDIYも畑以外でも楽しくなって来ました。DIYも那須、置賜、キャンピングカーと不定期レポートして行きます。


    Herschel 通販


    関連する記事
      コメント
      コメントする