藤原設計参戦 改装日記#6

2008.02.12 Tuesday

0
    早速その夜、ルーバーの様子をうかがいました。
    やわらかい光がほんのり漏れていい感じです。
     

    ついにSTORE店内の改装作戦をよしにいとたてていたところ、よしにいから提案があがりました。最近小田原で一緒に仕事をしている同年代の設計士がいてかなりデザインもいけてるから設計を頼まないかと・・・しかも設計費などは免除のボランティアで!
    小田原の藤原設計さんも苦労しながら自分自身で事務所を持っています。同世代の彼はLADEとやはり自分でSTOREを改装している自分に興味を持ってくれてこんないい話を持ちかけてくれたのです。
    人がまた人とつながり広がっていく。ありがたいばっかりです。

    STORE内は下手に手をつけると設計がしずらくなるのでHOLDすることにしました。そこからはよしにいに自分の希望やイメージを口やスケッチで伝え自分のSTORE像を頭に入れて小田原に持ち帰ってもらいました。

    そして翌日、藤原設計さんからFAXが!

    完全にいけてます!自分のイメージを壊さずそこに藤原設計さんのプロの経験やセンスがおりこまれています。
    これが実物になるのが楽しみでなりません。
    早速FAXを手に藤原設計さんに電話。また大工としてよしにいともども那須に工事に来てもらう日程を段取りました。

    あとはその日程まで心を躍らせつつ、材料集めです。いつもどおり友達にとっておいてもらってる大量の廃棄材料を友達のトラックで運びます。CCDKさん、POPいつもいつも本当ありがとう。

    この時点でSTOREの外見はこんな感じです。

    藤原設計さんの設計の下、よしにいの大工の腕前で看板、内装、内階段、照明、カウンター、テーブルなどがここから施工されていきます。
    コメント
    コメントする