IS eyewear from Van

2008.08.02 Saturday

0

    Granville

    Hastings


    バンクーバーでデザインされているカナダのアイウェアーブランド"IS eyewear"です。

    "Metropolitan Collection"というサングラスのコレクションのうちバンクーバーのストリートネームが付いているもの、スタンダードなデザインで服装を問わずどこででも使えそうなものをピックアップしました。

    nextパソコンLADE STORE "IS eyewear"

    STORE EXCLUSIVE TEE "JAPAN MADE"の製作意図

    2008.07.26 Saturday

    0
      "JAPAN MADE"
      日本において流通しているTシャツといえばほとんどは中国製、そしてアメリカ製、南米製。日本製のTシャツももちろんセレクトなどで売られているが価格がどうしても高めです。
      そこで上質な長繊維コーマ糸を使用した日本製TシャツをコンセプトTeeとして製作しました。価格も一般的なTシャツの価格を下回る2,900円。

      日本製Tシャツはしなやかでやさしく肌になじむ着心地が特徴です。縫製においても手にとってもらえば一目瞭然の違いがあることがわかります。

      ざらざらとしたタフな質感のがっしりしたヘビーウエイトが常識だったアメリカンTシャツは昨今American Apparelによって薄手のスリムフィットがスタンダードに変えられました。ここ数年でAmerican Apparelの起こしたムーブメントに続けとどこもかしこもダボッとしたルーズフィットからスリムフィットを主流に転換してきました。しかし考えてもみれば日本製Tシャツは元来しなやかでやさしい肌触りのスリムフィットが主流だったのです。
      しかしそれでも日本においても日本製のTシャツは相変わらずスタンダードではないのです。
      価格を抑えたこのTシャツを機に上質な日本製Tシャツを手にとって着てみて欲しい。そんな考えで作ったTシャツです。
      労働に対して賃金の安い原産国で作って石油を使って遠くからものを運ぶよりも自国のものをなるべく選択するということも大切だと思います。

      わかりやすいデザインのプリント"JAPAN MADE"。TシャツだけでなくそのTシャツを着る人もまたJAPAN MADEであり、Tシャツと同じように日本人が昔からもともと兼ね備え引き継いできた特徴、長所を思い出して気づいてほしい。国際化と言ってもみなが同じで特徴を失ってはつまらないから。多様性を認め合い多様でいよう。そんな意図をこめた"JAPAN MADE"です。

         


      低価格の秘密はSTORE EXCLUSIVEです。
      LADE STOREでのみ販売を行うこのラインは企画、製作、販売までを一貫してLADEで行うことにより余計な経費やマージンを省き少量生産ながら低価格を実現しています。
      低価格ながら素材やグラフィックなどのデザイン面でも妥協することなく製作しています。逆にSTOREでしか販売しないからこそ自由な発想でデザインができます。
      広告費なども一切かけずLADE STOREでのみ販売しているお買い得なラインですので見つけることができただけですでに少しラッキーだと思います。

      低品質なTeeでもなく、大手の大量生産品でもなく低価格、少量生産でいいもの(おもしろいもの)を作るのはなかなか難しいことです。だからこそのSTORE EXCLUSIVEラインなのですが、通常のLADE商品や他社のアパレルの価格が高いわけではなく、このラインがとても安いということをわかってもらえれば幸いです。

      nextパソコンLADE STORE "JAPAN MADE" MENS TEE

      NEW BRAND "SASA&I" 取扱エピソード

      2008.07.14 Monday

      0
        新しいブランド"SASA & I"の取扱を始めました。
        パソコンSASA & I

        SASA & I のアーティストSasa(Sasha)はボスニア出身でカナダのアルバータ大学でアートとデザインを学んだ後、カナダ国内外でフリーランスのデザイナー、イラストレーター、アーティストとして活躍してきた経歴を持ちます。現在、東京で活動中の彼とは先日のFragment(TOKYO MADE主催のアートショー)で出会いました。
        パソコンTOKYO MADE

        FragmentではライブペイントでTシャツグラフィックショーを見せてくれましたが、彼のTシャツは一枚一枚全てハンドペイントで描きあげている1デザインたった1枚しかないオリジナルTシャツなんです。
        ライブペイントではみるみる仕上がっていくTシャツのグラフィックとSasaの感性に見とれてしまいました。
        絵、グラフィック、ハンドペイントT・・・簡単にどのジャンルにも属さない一つの確立されたものがあるパフォーマンスでした。


        LADE STOREで扱うことになったのはSasaのTシャツデザインが素晴らしいことが一番の要因なのですが色々とめぐりあわせのようなものがありました。
        彼がカナダでの経歴があることもLADE STOREのコンセプトとマッチします。LADEがスタートしたウィスラーのあるBC州とSasaのいたアルバータ州は隣同士でひろいカナダの国土でも近い距離にあります。自分も何度もアルバータを訪れたことがあります。
        そして彼のボスが那須のデザイナーズホテル二期クラブで仕事をしている関係でSasaもまた那須に何度も訪れていたんです。
        東京でプラリとであった日本人とボスニア人にしては奇跡的な共通点だと思います。
        那須を知っているSasaとしてもLADE STOREのウェブサイトを見て店舗のイメージをしやすかったのだと思います。彼もLADE STOREを気に入ってくれて取扱にとても前向きでした。

        SASA&IのアイテムはハンドペイントのTシャツとハンドペイントのリサイクルペーパーロールのブレスレットです。

        Tのグラフィックは本当に優れたデザインです。工業生産のプリントTでは絶対に表現できないカラーリングとグラデーションのアート作品です。
        ブレスレットもペーパーロールをキャンバスにしているとは思えない質感とアクセサリーに必要不可欠な雰囲気があります。













        民族紛争で16歳にして単身生まれ故郷を追われた悲しい経歴やカナダやヨーロッパ、そして東京でのアーティスト活動など全てのバックグランドあってこその彼のアートなんだと思います。
        ブレスレットやTシャツの下げ札にかかれたボスニア語がそんな風に感じさせてくれます。
        是非SASA&Iのアイテムをチェックしてみてください。
        nextパソコンLADE STORE "SASA&I"

        FREE AS A BxxCH

        2008.07.11 Friday

        0
          LADE STORE EXCLUSIVEのLADYS CAP SLEEVE T-SHITRSを発売しました。

          タイトルは"FREE AS A BITCH" アーティストはもちろんTiFdyLです。

          『BITCHと自由についての考案』
          "なぜビッチたちは全ての支配をはねつけあんなに自由にはばたくのか?
          地理的なボーダーを越えて世界各地に分布しビッチたちが形成している独特のリベラルなコミュニティについての極めてポジティブな考案。"

          あえてかわいいレディースTのグラフィックとしたブラックなアイデアに気づいてもらうも気がつかないで着てもらうも楽しいかなと思います。

          カラーはこの2カラーです。



          キーポイントはSTORE EXCLUSIVE(LADE STORE限定発売)です。

          LADE STOREでのみ販売を行うこのラインは企画、製作、販売までを一貫してLADEで行うことにより余計な経費やマージンを省き少量生産ながら低価格を実現するという意図があります。
          全部の工程をLADEでおこないそこに発生する個々の利益をLADEでまとめ、商品の価格に乗る利益を最小限に抑えています。

          低価格ながら素材やグラフィックなどのデザイン面でも妥協することなく製作しています。かえってLADE STOREでしか販売しないので人気や売り易さといったことを気にすることなく今回のような思い切ったタイトルやデザインができます。

          広告費なども一切かけず(かけられず)LADE STOREでのみ販売しているお買い得なラインですので見つけることができたことですでに少しラッキーだと思います。出会いは大切です。

          価格は税込2,900円です。首にコットンタグを使ったり、キャップスリーブにしたりと夏を意識してとにかく着易いものを作りました。価格的にも着易いかなと思います。オンラインストアでも販売していますのでよかったら是非お願いします。
          nextパソコンLADE STORE

          STORE BAG作成

          2008.07.10 Thursday

          0
            ついこの前お店の紙バッグを作ったと思ってたらまたそこをついてしまいました。今度はNEWデザインでと思っていたんですが、考える間もなくまた同じデザインです。

            今回は英字新聞を張ってみたりすこしずつ1枚1枚を変えてみました。


            で、できあがりはこんなです。


            次回はNEWデザインで作りたいと思います。今回はかなりいっぱい作ったので考える時間も余裕あります。

            ただ、日本の家庭ごみで生ゴミを上回る量のゴミとなっているのが梱包材らしいです。このこともふまえて材料やデザインなども考えなくてはいけないですね。
            ずっと使えるとか、ゴミにならないとかなにかグッドアイデアお持ちの方、教えてください。