外看板片面完成 改装日記#21

2008.02.29 Friday

0
    今日の那須は快晴です。まさに看板日和です。

    一昨日ほったらかした状態からまたスタートです。

    今日は一番厄介なところ、唯一文字ではない噴出しの"LADE STORE.COM"をペイントしていきますがなにせ天気がいいのでやる気も創作意欲もむっちり、日差しがあって寒くないのも素晴らしいことです。

    いつものようにはしごに登ってペイントしていると、道行く人3人に同じようなことを言われました。『びっくり!こっちは本物の人だわ。』
    極近所にトリックアートミュージアムというだまし絵のテナントがあるのですがその外壁にはミケランジェロを描く人のだまし絵があるんです。
     
    偶然同じような感じになってますね。でも、まぁ、なんというか、3人も同じこというとは・・・おばさま恐るべしです。

    高いところは好きなのではしごの上でも問題ないのですが体勢がかなりきつくなかなか大変です。股関節が厳しいので一次休憩。ここまでくれば片面終了までもう一息です。


    思ったよりもかなり日程が押してしまいましたがようやく片面終了です。

    最初のイラストレータのイメージと比べても予定通り。バッチリだと思います。

    日が暮れてからも白文字と木の立体文字がいい感じです。


    明日からはもう片面のペイントが待ってますが、結構慣れてきたせいもあり、昨日買ってきた新しい筆がかなり調子いいのもありもう片面は一日で終了できる予感です。

    外看板ペイント2日目 改装日記#20

    2008.02.27 Wednesday

    0
      昨日の下書き、マスキングの続きをしてペインティングスタートです。

      はしごと脚立でペイントするのですがやり始めてすぐに気がつきました。
      これは・・・たいへん。
      まず大きい看板をキャンバスにして書くので書いてははしごを降りて遠目で確かめてを繰り返さないといけません。なかなかはかどらず大苦戦です。

      この看板ペインティングで本当に思ったのはいつもアートイベントで大きなキャンバスに向かってライブペインティングしているLADEのデザイナーTiFdyL...すごいです。尊敬しなおしました。似たようなことやってみると(ライブペイントとじゃ似てませんが)その大変さとかよくわかります。いい勉強になってます。

      そしてあまりの寒さにペンキが伸びません。むらなく塗るのが難しいです。
      しかし昨日から念入りにマスキングしていたことは功を奏しました。



      一日中やっていましたがこれはかなり時間がかかります。今日中に片面は終了予定でしたがここでまたまた時間切れ日没です。
      やっとこ仕上がったのはここまででした。

      しかし離れてみると、こうして写真で見るとまぁまぁかなという感じです。

      やってて道行く人や観光客、いつもここ通るんですけどなんて人にいっぱい話しかけられてうれしいもんです。

      でも本当寒いです。めいいっぱい着込んでほっかいろを手に張ったりしてますが寒いんです。また、寒波が入ってきてますから仕方ないです。
      と、いうことで寒い中はかどらずやっててもいい物はできないので明日はやりかけの看板は放置してグランデコに滑りに行ってきます。今日はパウダーだったそうですが明日はどうでしょう?楽しみです。

      外看板ペイント 改装日記#19

      2008.02.26 Tuesday

      0
        今日から外の大看板にペンキで文字を書き込みます。
        寒いのと風が強いので逃げ続けていましたが、いつまで待っても寒いのは寒いし風はびゅ〜びゅ〜なのでとっととやります!

        風がびゅ〜びゅ〜といえば、先日までの2日間ほどの強風でうちのTVアンテナがへし折れました。完全におかしな方向に向いてしまったのでNHKしか映りません。
        那須でアンテナや電柱、街灯などがへし折れまくったらしく電気屋に電話しても忙しくてさっぱり来てくれません。


        さて、まず片面からイラストレータで完成イメージを作りました。
        すでに木のロゴマーク、文字を貼り付けた周りに白のペンキでこんな感じでペイントしていきます。


        まず実寸大でプリントアウトしセロハンテープでつなぎ合わせていきます。なんか学園祭を思い出します。

        それを看板に養生テープで貼り付けます。その下にカーボン紙をひいて上からなぞって看板に下書きをします。何気に風が強くてたいへんです。



        そして下書きの跡を頼りに直線部分はマスキングテープを張っていきます。
        キレイにペンキで文字を書いていく自信がいまひとつないので念入りに念入りにマスキングしまくったところでTIME'S UP! 日が暮れましたので今日はココまでです。

        明日からペンキ。どうなることか・・・

        サンダーそしてリボス 改装日記#18

        2008.02.25 Monday

        0
          リボス自然塗料でオイルフィニッシュをするためにまずは階段からサンダーでやすりを徹底的にかけなおすことにしました。
           
          #150番でサンダーして#240番でサンダーしなおします。木の表面が手で触るとする前よりもすごく滑らかになりました。これでリボスでオイルフィニッシュすれば一層木目が引き立ち仕上がりが美しいはずです。
          しかしこのサンダーの代償はなかなか大きいものでした。着ていた服はこの通り、そしてSTORE内部全て細かい木屑が塵のように降り積もってしまいました・・・完全にクリーニングやり直しです。


          階段に続いてウインドー側のカウンターテーブル

          壁側のカウンターテーブル

          レジカウンターとそのまわりの棚など

          やはり全てサンダーでつやっつやにしてマスキングしました。
          そしてリボスのメルドスハードオイルでオイルフィニッシュします。先日のセンターテーブル同様1回目を塗り12時間乾燥させ2回目をぬってしあげます。

          こうしてSTORE内の作成したものはリボスでのオイルフィニッシュが終了しました。においも木肌も色艶も格段に良くなりました。

          これでずいぶんとSTOREは完成に近づいて来た感触がします。

          内部塗装 改装日記#17

          2008.02.23 Saturday

          0
            センターテーブル、レジカウンター、棚、階段と今回作ったSTORE内部の塗装をしていきます。
            塗料はよしにい、藤原設計さんに教えてもらったドイツのリボス自然塗料をつかうことにしました。このLIVOS(リボス)というのは無農薬・有機栽培でつくられた亜麻の花を主原料に天然成分の力を100%取り出して出来た自然塗料です。リボスは塗料というより正確にはオイルで、なのでやはり正確には塗装ではなくオイルフィニッシュというやつで仕上げます。
            オイルフィニッシュはペンキなどの塗料を塗るわけではないので、木をあるがまま出来るだけ素材に近い状態に保つ為の塗装です。
            みんなで苦労して作ってきたこのSTORE、木のイメージがとても強いSTORE、仕上げ材としては最も適したものだと思います。
            リボスでも用途や目的によってかなりの種類があるのですが、メルドスハードオイルを塗ることにしました。透明つや消し仕上げの木目を美しく引き立たせるオイルフィニッシュに一番適したオイルです。

            無料サンプルも2個オーダーできるのでクノスという艶ありのオイルとグレイボという仕上げ用ワックスもオーダーしました。

            早速、仕上げたセンターテーブルに塗ってみます。



            塗ってて驚いたのはにおいです。塗料と違って嫌な匂いがしないどころか山歩きをしているときになどどこからかなんとなく匂ってくる木のにおいがします。そしてオイルなので塗り斑なども出にくく塗るのもカンタンでキレイにぬれます。これはかなりいいですよ。

            と、思ったよりかなり楽勝でセンターテーブルのオイルフィニッシュ終了です。終了と言っても第一回目が終了で、12時間かわかし、またやすりをかけて二度塗りし、24時間乾かします。

            本当かなり木目が引き立ってみえます。
            このセンターテーブルの塗装で分かったことは、下地の木を丹念にやすり掛けすればするほどハードオイルの効果が現れ美しく仕上がることです。

            ということで、あせってオイルを塗るのでなく階段やカウンターなどその他の塗る部分に今一度完璧にやすりをかけ直すことにしました。