NEW TiFdyL CAP

2008.06.12 Thursday

0
    TiFdyLの新作ハンドペイントキャップが3作入荷しました。
    ハンドペイントなので1点モノです。
    このハンドペイントキャップは耐水性のアクリル画材を使用して描かれています。ハンドペイントのキャップというよりキャップをキャンバスにして描いた絵といった感じです。もちろん耐水性なので雨などに濡れてもOKです。

    今回のデザインは貼り付けたキャンバス地の上にボテッと載せた絵具と飛び散り具合に勢いを感じます。WEARABLE ART...そう、ハンドペイントだからこそのそのアートな部分が個人的にかなり気に入っています。






    オンラインストアーでも販売中です。
    nextパソコンLADE STORE 那須

    OPENサイン作成 改装日記#35

    2008.06.11 Wednesday

    0
      昨日は火曜の定休日でした。天気もいいので那須をぶらぶらとしていました。なかなかいいところを発見したり、写真を撮ったり、こちらは別の機会に紹介します。

      夕方くらいに帰ってきて、最近は日もぐんと伸びてまだまだ明るいのでビールを飲み飲み、ウッドデッキでOPENサインを作ることにしました。
      いい天気の元、ビール片手のモノづくりは楽しいです。

      カッティングシートを文字形に切り抜きます。


      使い古しのスケートボードのデッキシートをはがしてシンナーできれいにしカッティングシート貼り付け。




      あまったシートももったいないので無駄なく使って遊びます。




      と、いい休日を過ごしました。

      ドアマット 改装日記#34

      2008.06.09 Monday

      0
        今日は注文していたオーダーマットが完成してきました。

        デザインや文字の大きさの制限、カラーも選択方式だったので100%希望通りではないのですが完成してきて実物をみて惚れました。カラーも毛艶もいい感じです。

        1ヶ月交代で2カラー作りました。




        そして新品のマットを祝うように午後から滝のような大雨!マットなんで使ってなんぼですが、初日からマットにとってはかなりの試練です。

        ウッドブラインド取り付けと大事件 改装日記#33

        2008.06.06 Friday

        0
          久しぶりに改装日記です。

          最近は日差しが延びてきて、今までは日が当たらなかった箇所も日が差し込むようになったり、日差しが眩しかったりするようになりました。

          そこで商品の日焼け防止のためにもブラインドを取り付けることにしました。
          ブラインドはさすがに作れないので木製の雰囲気のあるブラインドを通販で購入(高かった〜)、取り付けしました。



          以前引越しのときに組み立て式のベッドを購入した際も感じたことですが、あまりにもゴミが出ます!


          大手通販業者は1日ものすごい量を発送していると思うんですが、各購入者ごとにこれくらい出ていると思うと恐ろしいです。

          しかしながら、自分も少なからず通信販売でモノを売っているので商品を傷つけず、汚さず、ぬらさずにお客様までモノを届けるために梱包はある程度しっかりしなければいけないのもわかります。
          ましてや組み立て家具系はMADE IN CHINAなので中国からの運搬となるとなおさらでしょう。

          ダンボールとビニール、これが梱包の常識です。そもそも届いたら梱包がいらないものになってしまうシステムがいけないと思うんです。
          コンテナのようなもので梱包を何回も使いまわせるもの(通い箱)にして回収してまた使う。規格サイズで同じものをどの業者も使用してどこでも箱を回収できるようにでき、ジュースのボトルのようにデポジットを50円なりとって回収するとデポを返してもらえる。配達に来た運送会社にその場で返すこともできる。そんなシステム素晴らしいと思うんです。
          ゴミも減るし、販売側も梱包代を削減できます。なにげに梱包代はものすごくかかるんです。

          と、改装日記からずいぶん脱線しました。
          暖かくなりようやく根もつき始め緑色になってきたSTOREの庭で事件は起きました。実は改装第二段階として庭にパーゴラ(藤棚)を建てていたんです。

          4つの土台を埋め込みここにそれぞれに柱を立て、棚をのせて完成間近、なかなかいい出来栄えと思っていました。
          しかし、作っている最中ちょっと下水臭いのが気になり設備屋さんに見てもらうことにしました。もう90%完成になったところで設備屋さん到着で様子を見てもらうとなんとうちの浄化槽の調子が悪く、交換が必要とのこと!

          なんと完成間じかのパーゴラはもちろんのことやっと緑になってきた芝生も大部分掘り返さなければいけないんです。
          パーゴラはそのまますぐさま解体。なのでパーゴラの画像がないんです。
          しかも出費うん十万!大事件です。痛すぎます。

          下水道の完備されていないカントリーサイドならではの大事件です。中古の建物を購入したので起こるべくしておきたハプニングなので仕方ないし、これを機に最新式の大型合併浄化槽になり環境的にもよくなるので出費は忘れることにします。
          しかし、芝生とパーゴラは頑張って自力で作ってきただけにげんなりですね。


          那須骨董広場

          2008.06.02 Monday

          0
            那須で毎月第一、第三土日に開催されている骨董広場に行ってきました。

            那須に住んでいながらこの骨董広場の存在を教えてくれたのはSTOREの開店祝いにアンティークミシンをプレゼントしてくれた茨城の友達でした。

            彼は日立で古材やアンティーク、リサイクルを生業にしているため今回この骨董広場に出店すべく那須にやってきたのです。

            初めて行く骨董広場。

            骨董というとちょっと近寄りがたい高いものなイメージでしたがそこは古道具やリサイクル品のフリーマーケット的な場所で見ているだけで楽しめました。

            特に昭和レトロ、クウネル的なものが多いのはびっくりしましたし楽しかったです。『骨董市=お年寄りの場』ではないんですね。

            話は少しずれて、那須・黒磯地域のCAFEの先駆けといえば『SHOZO CAFE』がとても有名です。SHOZOさんの店舗や内装、インテリア、食器などなどは素敵な昭和レトロの雰囲気を感じさせてくれます。

            この骨董広場では友達が出店していることもありいろいろな出店者の方と知り合え、話を聞くことができたのですが、そのSHOZOさんに10年以上も前から物を卸している古物商の方から聞いたSHOZOさんの話はとても魅力的で、励みになりました。

            自分の基本であるとDIYスピリットと骨董広場にはなにか共通点を多く感じ、食わず嫌いはいけないなと改めて思いました。

            そんな骨董広場で自分が購入してきたのはなかなかの掘り出し物です。

            鹿の角なのですが面白かったのは、『トナカイ』と書かれた小さいシールが張られていて、店主に尋ねてもトナカイだというんです。
            ちなみにトナカイはこれです。


            トナカイではなく鹿であることは間違いないのですが何鹿なのかは不明のままです。写真の通りさっそくSTOREのディスプレーにしました。なかなかSTOREの木の雰囲気とあっていてお気に入りです。

            この角、ものすごい安いびっくり価格で購入したんですが、この骨董広場は掘り出し物がなかなかたくさんありますよ。

            次回は6月14日、15日の土日開催です。面白いので観光ついでに是非。那須街道の広谷地交差点を左折、800m先右手側です。