外看板ペイント 改装日記#19

2008.02.26 Tuesday

0
    今日から外の大看板にペンキで文字を書き込みます。
    寒いのと風が強いので逃げ続けていましたが、いつまで待っても寒いのは寒いし風はびゅ〜びゅ〜なのでとっととやります!

    風がびゅ〜びゅ〜といえば、先日までの2日間ほどの強風でうちのTVアンテナがへし折れました。完全におかしな方向に向いてしまったのでNHKしか映りません。
    那須でアンテナや電柱、街灯などがへし折れまくったらしく電気屋に電話しても忙しくてさっぱり来てくれません。


    さて、まず片面からイラストレータで完成イメージを作りました。
    すでに木のロゴマーク、文字を貼り付けた周りに白のペンキでこんな感じでペイントしていきます。


    まず実寸大でプリントアウトしセロハンテープでつなぎ合わせていきます。なんか学園祭を思い出します。

    それを看板に養生テープで貼り付けます。その下にカーボン紙をひいて上からなぞって看板に下書きをします。何気に風が強くてたいへんです。



    そして下書きの跡を頼りに直線部分はマスキングテープを張っていきます。
    キレイにペンキで文字を書いていく自信がいまひとつないので念入りに念入りにマスキングしまくったところでTIME'S UP! 日が暮れましたので今日はココまでです。

    明日からペンキ。どうなることか・・・

    サンダーそしてリボス 改装日記#18

    2008.02.25 Monday

    0
      リボス自然塗料でオイルフィニッシュをするためにまずは階段からサンダーでやすりを徹底的にかけなおすことにしました。
       
      #150番でサンダーして#240番でサンダーしなおします。木の表面が手で触るとする前よりもすごく滑らかになりました。これでリボスでオイルフィニッシュすれば一層木目が引き立ち仕上がりが美しいはずです。
      しかしこのサンダーの代償はなかなか大きいものでした。着ていた服はこの通り、そしてSTORE内部全て細かい木屑が塵のように降り積もってしまいました・・・完全にクリーニングやり直しです。


      階段に続いてウインドー側のカウンターテーブル

      壁側のカウンターテーブル

      レジカウンターとそのまわりの棚など

      やはり全てサンダーでつやっつやにしてマスキングしました。
      そしてリボスのメルドスハードオイルでオイルフィニッシュします。先日のセンターテーブル同様1回目を塗り12時間乾燥させ2回目をぬってしあげます。

      こうしてSTORE内の作成したものはリボスでのオイルフィニッシュが終了しました。においも木肌も色艶も格段に良くなりました。

      これでずいぶんとSTOREは完成に近づいて来た感触がします。

      内部塗装 改装日記#17

      2008.02.23 Saturday

      0
        センターテーブル、レジカウンター、棚、階段と今回作ったSTORE内部の塗装をしていきます。
        塗料はよしにい、藤原設計さんに教えてもらったドイツのリボス自然塗料をつかうことにしました。このLIVOS(リボス)というのは無農薬・有機栽培でつくられた亜麻の花を主原料に天然成分の力を100%取り出して出来た自然塗料です。リボスは塗料というより正確にはオイルで、なのでやはり正確には塗装ではなくオイルフィニッシュというやつで仕上げます。
        オイルフィニッシュはペンキなどの塗料を塗るわけではないので、木をあるがまま出来るだけ素材に近い状態に保つ為の塗装です。
        みんなで苦労して作ってきたこのSTORE、木のイメージがとても強いSTORE、仕上げ材としては最も適したものだと思います。
        リボスでも用途や目的によってかなりの種類があるのですが、メルドスハードオイルを塗ることにしました。透明つや消し仕上げの木目を美しく引き立たせるオイルフィニッシュに一番適したオイルです。

        無料サンプルも2個オーダーできるのでクノスという艶ありのオイルとグレイボという仕上げ用ワックスもオーダーしました。

        早速、仕上げたセンターテーブルに塗ってみます。



        塗ってて驚いたのはにおいです。塗料と違って嫌な匂いがしないどころか山歩きをしているときになどどこからかなんとなく匂ってくる木のにおいがします。そしてオイルなので塗り斑なども出にくく塗るのもカンタンでキレイにぬれます。これはかなりいいですよ。

        と、思ったよりかなり楽勝でセンターテーブルのオイルフィニッシュ終了です。終了と言っても第一回目が終了で、12時間かわかし、またやすりをかけて二度塗りし、24時間乾かします。

        本当かなり木目が引き立ってみえます。
        このセンターテーブルの塗装で分かったことは、下地の木を丹念にやすり掛けすればするほどハードオイルの効果が現れ美しく仕上がることです。

        ということで、あせってオイルを塗るのでなく階段やカウンターなどその他の塗る部分に今一度完璧にやすりをかけ直すことにしました。

        ディスプレーテーブルガラス組み換え 改装日記#16

        2008.02.22 Friday

        0
          よしにいが作って行ってくれたセンターのディスプレーテーブル。すでに完成なのですが、仮のガラスを入れてありました。正式に入れる強化ガラスが届いたのでガラスを入れ替えて、テーブルを組みなおし仕上げをします。

          まずテーブルの天板の板をはずしてガラスを入れ替えます。ガラスの厚みも変わるのでスペーサーをいれて調整します。

          本番のガラスになったのでまたテーブルを元の形に戻して、ビス穴に木のダボを入れてノコで切りやすりをかけます。かなりの数のビス穴があるのでこの作業はなかなか根気が必要ですが、これをやるとかなり仕上がりが立派です。これも大工のよしにいから学んだテクです。


          組み立て完成のあとは塗装です。塗装の下地つくりに全体を念入りにやすり掛けをします。
          室内の塗装は階段や棚、カウンターなど他にもあるので明日すべてまとめて取り掛かります。

          電光袖看板 改装日記#15

          2008.02.21 Thursday

          0
            この旧STOREの外部看板をまた使えるように改造します。

            フレームは旧STOREの賃貸物なので現在はこのように中の木の板だけが前後ろ分2枚残っています。

            この木の板2枚をまた使えるようどうせなら今回は木で枠を作り電気を入れて復活させます。
            今回この作業をするに当たりもう我慢しきれず思い切って大きな遊び道具を購入してしまいました。
            シンコー卓上スライド丸ノコ!これで色んな作業もより一層ガンガンです。はかどりまくります。色々作れます!



            さっそくNEWマシーンを駆使しつつ2x6の板に看板の収まる溝をほり、枠を作成します。

            枠完成!早い!さすがスライド丸ノコ大活躍です。

            これにもともと既存の建物についていた現在不要の蛍光灯2本を再利用し看板内部に取り付けします。これで夜でもムーディーに大活躍でしょう。

            いい感じにロゴが光っています。実際には表裏があり両面ともロゴが光ってます。

            さらにこの木枠部分にやすりをかけ外部用塗料キシラデコールを塗り建物との統一感を出します。

            これで電光袖看板の本体部分は完成!
            あとは取り付けなのですが・・・この位置に取り付けしたいと思っています。

            看板の重量もあり、那須は風もなかなか強い場所なので間違っても落下しないようがっちりとした建築金物で補強取り付けしなければなりません。それには男手がもう一人必要です。
            と、いうことで取り付けは次回誰かが遊びに来たときにでも行いたいと思います。